カードローン在籍確認の会社連絡をなしにしても借りれる消費者金融の方法とは!

カードローン在籍確認の会社連絡をなしにしても借りれる消費者金融の方法とは!

ちゃんと勤めている方なら誰でも消費者金融でカードローンを利用していることは会社には知られたくないものです。

最近では消費者金融のイメージもだいぶ良くなり、ライトに利用する若い方が増えています。生活費がちょっと足りなくなったから、次の給料日まで少額の借入れをする方や貯金はあるけど、定期預金で崩したくないから、ちょっとだけ借りようなど。スマートフォンで申し込みができるというのもライトな感覚の要因のひとつと言えます。

 

とはいえ、消費者金融カードローンの審査で必ず行われる在籍確認というものがありますが、会社への電話確認は周囲にバレてしまうかもしれないということでどうしても不安になります。ライトな使い方をしている層の方たちとは違って、借金でしかないと捉えている古い考えの方もいるのも事実です。

 

在籍確認の審査として消費者金融の利用条件として毎月の安定した収入があるということを確かめるために勤務先に電話をかけるのです。

 

しっかりと会社に勤めているわけなので、在籍していることを確かめてもらっても別に問題はないですが、その在籍確認をする方法が、会社に電話をかけて呼び出しをするということ以外に方法はないのでしょうか?

 

まず、消費者金融が行う在籍確認の電話ですが、消費者金融を名乗って電話をかけてくることは決してないということをご理解いただきたい。

消費者金融としても、申込みをしてくれたお客様のプライバシーを守る義務があります。すぐに周囲にバレるような行為は決してありません。電話をかける担当オペレーターの個人名を名乗って電話をかけてきますので安心です。

 

それでも、会社の事情によっては、電話を受け取ってくれない、決まったところからしか電話がないので個人名の電話はすぐバレるという会社もあります。
パソコンやスマートフォンなどを利用してインターネットから申込みましょう。
消費者金融の公式サイトからに申込みをしたら「申込確認」のメールが届きます。

そこに「必要事項」の欄があるので、「会社への電話確認以外の在籍確認をお願いしたい」と記載します。

 

申込み時に入力した情報の内容によっては、メールで伝えただけで受理されて電話確認が回避できることもありますが、ほとんどの場合は「電話なしにしたい理由」を確認するために電話が携帯電話にかかってくることがあります。そこで丁寧に理由を伝えることができれば大丈夫です。

 

職場には様々な状況や事情があります。取引先の決まった相手からしか電話がならない職場で、個人からの電話を取り次いでもらうのは難しいと考える方もいらっしゃいます。なので在籍確認の電話はやめてほしいとしっかり伝えましょう。

電話確認なしで在籍確認を審査してもらう場合の提出証明書類

運転免許証  源泉徴収票  個人事業主の場合は確定申告書(写し) 会社の健康保険証

 

以上の証明書類を準備しましょう。提出書類はメールに添付して送ることですぐに審査されます。状況によっては追加で書類が必要になるかもしれません。
インターネットからの申し込みなら、書類をスマートフォンなどの写メで送信することが出来ます。その際は写メに文字や数字がしっかり読み取れる状態にあるかを確認してから送りましょう。
※ただし、審査の内容によっては、ご要望にそえない場合もあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ