第三者を挟む

トラブルには第三者の力を

 当人同士が交渉するよりも、第三者をはさんだほうが物事がスムーズに進むことがあります。特にお金に関することは、お互いに意地になったり、またはこちらが弱い立場であれば向こうの言いなりになってしまうこともあります。  たとえば離婚の話し合いなどではつい感情的になってしまい、大事な慰謝料や有責などについてまとまらないこともあります。また、借金で首が回らなくなっている人は、債務整理をしたくとも自分で債権者と交渉するのは困難ですし、そもそも話し合いに応じてくれないこともあります。  そういったトラブルのとき、やはり頼りになるのは法律・交渉のプロである弁護士でしょう。最近では案件によっては無料相談をしているところもあり、気軽に離婚相談や債務整理相談をすることができます。

精神的負担を軽減するために

 離婚は非常にエネルギーを使いますし、一歩間違うとすべての責任を負わされたり、譲れない親権を取られてしまうこともあります。特に調停になると証拠や自分の主張などが重要視され、あらかじめ前準備をしていないと、不利なまま進んでいってしまいます。  弁護士に離婚相談して仕事を依頼すると、証拠集めのアドバイスから調停前に書かされる主張の作成についても手伝ってもらえます。もちろん離婚相談だけということもできます。  一方、債務整理には任意整理や自己破産などがありますが、それぞれの交渉や免責までの手続きには大変な労力や知識が必要になってきます。弁護士なら過払い金なども含め、依頼者の利益になるよう動いてくれますので安心です。  離婚相談や債務整理相談をしたい人は一度法律事務所を訪ねてみることをオススメします。

TOPICS

離婚の際に

離婚を考えている場合、弁護士事務所に離婚相談を行うことがあります。基本的に当人同士で解決できれば問題無いですが、場合によっては意見が食い違ったり、聞く耳を持ってくれないということがあります。

 Read More

CONTENTS

離婚について

離婚は様々な理由で行われます。理由によっては慰謝料を請求できるものもあり、長い期間夫婦生活を送っていた場合や、相手の地位が高い等の場合金額が高くなる傾向があります。

 Read More

離婚の前に

離婚を考えている場合実際に離婚する前に弁護士等に相談を行うことで親権や養育費等様々なことを二人が納得するような形で合意することができます。自分で交渉すると難しいことも弁護士を入れることでスムーズになります。

 Read More

交通事故の被害

交通事故の場合、任意保険の賠償金が低く提示されることがあります。後遺障害等が残っていて、保険会社の対応に納得出来ない場合、弁護士に相談することでより高い賠償金の支払いを求めることが出来る場合があります。

 Read More

借金の返済

借金の返済は、複数の金融機関がからんでいたり、どうしても返済の目処が立たないようなことがあいrます。法律事務所等で債務整理の相談を行うことで、現状をよい方向へ持っていくことが可能になります。

 Read More