在籍確認の会社連絡なしならプロミス!借りれるカードローン

在籍確認の会社への電話連絡なしで借りたい方、必見!

会社がわかる書類を追加すれば在籍確認の電話なしでカードローン・キャッシングが可能!

↓会社への在籍確認の電話なし↓

 

↑職場に電話連絡不要↑

職場に電話連絡がくると不都合な方はぜひ書類による在籍確認をおすすめします。

 

 

在籍確認の審査は必須ですが、電話連絡の代替措置として、勤務先がわかるような社員証や保険証などの簡単な書類を追加で提出することにより、在籍の確認が取れ審査が完了します。

・ 追加書類の提出方法も簡単!
・ 社員証などをスマホで撮影し送信、またはアップロードするだけ。
(faxまたは郵送もOKですが郵送は日数がかかるので即日融資したい場合は不利になります)

そもそも会社への在籍確認の電話連絡はどのような内容なのか?

 

プロミスなどの消費者金融からの電話連絡は、通常はものの2〜3分程度で終了する形だけの電話になります。

・ 会話の内容は無意味なもので、電話をした先で本人もしくは同僚の方が貴方が勤務していることを証明すればいいだけのことですから、とても簡単な審査です。

 

・ 本人が電話に出れずに不在の場合でも、職場の方が不在であることを金融側に伝えるだけで、本人が出なくても在籍  確認=OK!とみなされるので、あっけないほど簡単です。

 

・ しかも、この在籍確認の電話連絡が会社にくる時点でもう借り入れ審査には通過してる証ですので、在籍確認の電話が会社にきたら、融資はもうすぐだと思ってほぼ間違いないでしょう。

 

・ なので、在籍確認の審査はそんなに難しいものでもなく、ただ最後の過程として勤務先を確認するだけなので構える必要はありません、気楽な気持ちで大丈夫です。

どのタイミングで在籍確認を書類にしてほしいと伝えればいいのか?

 

まずはWEBから借り入れ申し込みを完了させておくと審査がスムーズになります。

・ そのあとにプロミスなどの消費者金融から本人確認として携帯電話のほうへ連絡がきます。このときの電話で伝えておけば安心です。

 

・ 会社に電話をしないで書類だけで在籍確認の審査ができるように流れを説明してくれるはずです。

派遣やバイトでも書類だけで在籍確認できるの?

 

会社員以外の派遣やアルバイト、パートなどの方でも、書類のみで在籍確認を完了させることができます!

・ 正社員以外の方で社員証などをお持ちでない場合は、そのかわりに収入証明書か給与明細などで在籍確認の代替の書類とすることができます。

 

・ ちなみに用意する収入証明書は【源泉徴収票】【確定申告書】【給与明細書】すべて最新のものを用意する必要があります。給与明細に関しては直近2ヶ月のものと1年分の賞与明細書が必要になります。

カードローンメモ

住まいに消費者金融からの郵便物を届けないでもらいたいという人は、契約書とキャッシングカードに関しては店舗まで受け取りに行く必要があります。プラス利用明細書はWEBページで確認できるようにしておいてください。

 

会社を自主退職して、次の仕事に就くまでの生活資金などを借り入れたいというような状況においては、内定を手にしている場合は、内定先を告げることで貸して貰えることも多々あるそうです。

 

キャッシングの返済は、店舗は勿論のこと、WEBを利用しての振込みやコンビニに置いてあるATMなどから、難なく可能です。返済が遅れることがないように、今一度返済日をチェックしておいてください。

 

クレジットカードの審査に不安を感じるという人は、申し込み時にショッピング枠のみで申請することをお勧めします。キャッシング枠を希望なしにすれば、審査もパスしやすくなるとのことです。

 

金利が低く抑えられている消費者金融として、口コミ等で高評価なのがプロミスだとのことです。金利が低いというのはもちろん、無利息期間まで設けられていて使い勝手が非常にいいですね。

 

所得のない人は、消費者金融でカードローンを申し込めません。バイトでもいいので、多少なりとも収入がないとだめです。収入があるなら、学生もしくは主婦でもキャッシングができるでしょう。

 

カードローンを使うようになったわけは、お小遣いがショートしてしまったからというのがほとんどです。想定しがちなギャンブルで大負けしてというのはどちらといえば少なくて、予想以上に堅実に世に浸透しつつあると思います。

 

カードローンに関しましては、利用可能限度内なら何度でも利用可能で、返済はリボルビング払いまたは分割払いが大半だそうです。低い金利で借りる場合は、このカードローンが最良ではないでしょうか?

 

返済遅延の時は、ただちに電話連絡をして、あなたから振込みで支払う旨の連絡をしなければなりません。向こうからの電話待ち状態では、信用情報に支払いなし情報が載せられてしまうケースが想定されます。

 

消費者金融の強みは、銀行と対比させてみると、審査が容易かつスピード感があり、たちどころにお金を入手できることだと思います。普通は保証人も担保も要さずに借りることができます。

 

過払い金を請求をすると、信用情報に影響があると断定して、一歩を踏み出せない人もいらっしゃるようですが、法律が変更されてその心配はなくなったのです。

 

在籍確認審査では、職場の在籍を確かめる方法として電話をすることになっていますが、消費者金融名を言うようなことはなく、その辺にある名前でかかってくるのでご安心ください。

 

今日現在借りている業者が3社を超す状況だと、プラスしてのキャッシングは無理だと思います。現状の借金を減らすようにするか、おまとめローンを申し込んでみてください。

 

ネットに繋がっていれば、必要なときに何処にいても申し込み可能なのです。それぞれの金融機関のサイトにて、入力項目をすべて満たして申し込みをしてください。

 

昔から見れば、返済方法も増えました。スマホあるいはPCが使えればオンラインを介してできます。その他消費者金融の店舗のみならず、提携銀行などのATMより返済することが可能なわけです。

カードローン消費者金融ご利用者の口コミ

消費者金融はどこも同じだと思っていました。しかもCMとかやってる大手じゃないほうが良いと勝手に思い込んで、随分前ですが申込んでしまいました。結構面倒くさいことになって消費者金融は二度と利用しないと決めてました。最近になって給与と生活費のバランスが取れなくなって、再び消費者金融を利用しようと思い、昔にはなかったインターネットで調べました。前の思い込みは何だったのか。プロミスのサービスの充実さを見たら以前の自分は馬鹿だったと猛省。消費者金融は大手のほうがしっかりしてますね。電話の対応も。相談してもじっくり考えてくれるし。申込む前に利用できる「借入れ診断」や「返済シミュレーション」もお金を借りる前に今一度考えなおさせてくれるチャンスをくれているようでグッドです。是非大手へ!
(大田区・35歳・男性)

 

申込んで良かったです。審査のことが不安でずっと消費者金融の申込みを迷ってました。会社に連絡があるのはやっぱり周囲にバレないかという心配が大きかったので。それで、申し込んだ時に電話で担当の方にそのことを伝えました。担当者いわく、在籍確認の電話をかける時は担当者の個人名でかけてくるということ。それでも問題があれば電話ではない方法もあると言ってくれました。それまでの審査の内容が問題なかったので、どちらを選んでも大丈夫ということ。大丈夫そうなので電話連絡にしてもらいました。電話をかけてくる時間帯もリクエストできたのが良かったです。もちろん自分が電話対応しました。出社する前にパソコンから申込んで、昼休憩でやり取りして、帰宅するまでにはコンビニで引き出せるくらいになってました。助かりました。
(調布市・29歳・男性)

 

正直、消費者金融には関わりたくないと思っていました。イメージが悪いからなんですが、それまでの生活に余裕があったから必要なかったのもあります。しかし、給料が上がらないことや出費が増えていき負担になってきたとこで毎月の生活費不足。しかし親族や友人に無心するのだけは嫌だったので、仕方なく消費者金融のプロミスを申込むことに。しかしイメージと全然違う事に驚いた。電話での対応も良かったし、細かいサービスにはびっくり。とりあえず最初は必要な少額だけ借りるのを選んだのも担当の方のアドバイスで。もっと悪どいところかと思ってた事に申し訳ない気持ちになった。
(さいたま市・31歳・男性)

ホーム RSS購読 サイトマップ